人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です | TOPへ戻る

お問い合わせ

052-212-7443

Menu

close 閉じる

お問い合わせ
052-212-7443

Contents

派遣先が、派遣スタッフにボーナス等を支給するケース

投稿日: 2015-03-17 |
最終更新日: 2015-06-28 |

派遣会社の労務・助成金

アイコンプレゼン

ザイムパートナーズは、派遣業に特化した社会保険労務士・税理士事務所です。


あまりないケースではありますが、景気環境が良くなる中で、派遣社員を含めてモチベーションを上げるために、ボーナスとまではいかなくとも金一封や何らかのインセンティブを、派遣会社ではなく、派遣社員に直接支給するケースというのも考えられます。

東京労働局のHPより引用しますが、下記にご注意ください。職業安定法に違反することになります。

Q.派遣先が通勤手当や出張旅費を派遣労働者に支払ってもいいですか?

A.適正な労働者派遣においては、派遣労働者の雇用主は派遣元事業主であることから、派遣元事業主と派遣先が文書であるか否かを問わず何らかの取り決めを行い、通勤手当を含む賃金の一部を派遣先が支払うことは、賃金の直接払いの原則から労働基準法違反となり、又、労働者供給事業に当たる事となるため職業安定法違反となります。

また、派遣労働者が業務上の出張を行うために必要な出張旅費等の経費については、派遣先が負担しなければなりません。

良かれと思ってしたことが、法令違反につながるわけで悩ましいところですが、倫理上も先ずは派遣元会社に承諾を求め、派遣元会社を通じて派遣スタッフに支払うことを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


社労士法人ザイムパートナーズ

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-8-12 伏見KSビル6階 
TEL:052-212-7443

Copyright © 名古屋の社労士法人ザイムパートナーズ All Rights Reserved.

ページトップ