人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です | TOPへ戻る

お問い合わせ

052-212-7443

Menu

close 閉じる

お問い合わせ
052-212-7443

Contents

健康診断は、短期間の派遣社員やアルバイトにも必要なのか?

投稿日: 2015-03-13 |
最終更新日: 2015-03-13 |

派遣会社の労務・助成金

気になる労務

アイコンプレゼン

ザイムパートナーズは、派遣業に特化した社会保険労務士・税理士事務所です。


全ての労働者に健康診断は必要なのか?

安全衛生法66条で、「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行わなければならない」と定められています。これだけ読むと、アルバイトなどの短時間勤務者や、登録型派遣での短期間勤務(有期雇用者)にも健康診断を実施しないと法令違反になるのでは?と思われる事業者さんもいらっしゃると思います。

実は、健康診断の対象となる労働者は全ての労働者ではなく、範囲は定義されています。対象となるのは「常時使用する労働者」です。具体的には下記となります。

①期間の定めのない契約で雇用されるもの(いわゆる正社員または、それに準ずる者)
②有期契約で雇用される者のうち、契約の更新により1年以上雇用されている者
③  〃           、1年以上雇用される見込みがある者

勤務時間が短い人の取り扱い

とはいえ、雇用期間の定めがない人でも、週1回しか勤務しない人や、週に数回はくるけど労働時間が短い人まで健康診断をしないといけないのか?というとそういうわけではありません。パートなどの短時間労働者については、1週間の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上勤務する者だけが健康診断の対象となります。イメージとしては、正社員の所定労働時間が週40時間であれば、週30時間以上勤務するパートは健康診断が必要ということになります。社会保険に加入する必要のあるパートなどは健康診断が必要になる可能性が高いことになります。(1年未満の有期契約なら健康診断は必要ありません)

なお、健康診断の費用は、会社が負担することになります(昭和47.9.18 基発602より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


社労士法人ザイムパートナーズ

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-8-12 伏見KSビル6階 
TEL:052-212-7443

Copyright © 名古屋の社労士法人ザイムパートナーズ All Rights Reserved.

ページトップ