人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です | TOPへ戻る

お問い合わせ

052-212-7443

Menu

close 閉じる

お問い合わせ
052-212-7443

Contents

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案 (平成27年3月13日提出)

投稿日: 2015-03-13 |
最終更新日: 2015-06-21 |

派遣法改正

派遣事業者 特化記事です

アイコンプレゼン

ザイムパートナーズは、派遣業に特化した社会保険労務士・税理士事務所です。


労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案が、27年3月13日閣議決定され、第189回通常国会に「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案」を提出しました。今回は成立に向かうことは間違いないのでしょう。

施行は27年9月1日の予定です。

特定派遣業のお客様より質問を受けることが多いのですが、一般派遣業への一本化は間違いないものの、施行日時点で一般派遣業の許可がない会社は、営業ができない(派遣できない)というわけではありません。3年間の猶予期間が設けられる予定です。猶予期間のうちに純資産要件を満たせる財務内容を実現すること。今後は、このニーズが増えてくるのだと思われます。もしくは請負業に完全移行を決めるかの選択になります。同業者との合併により純資産を増やすという選択肢も考えられます。

厚生労働省のサイトで内容は確認できます。

労働者派遣法の見直しについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


社労士法人ザイムパートナーズ

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-8-12 伏見KSビル6階 
TEL:052-212-7443

Copyright © 名古屋の社労士法人ザイムパートナーズ All Rights Reserved.(k)

ページトップ