人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です | TOPへ戻る

お問い合わせ

052-212-7443

Menu

close 閉じる

お問い合わせ
052-212-7443

派遣業 特化記事

派遣業・有料職業紹介業に強い社会保険労務士事務所です。

ザイムパートナーズは、派遣業・有料職業紹介業といった『ヒトで困っている会社をサポートする会社』と一緒に成長していく社会保険労務士事務所です。ここでは、派遣業・有料職業紹介業に特化した記事を
アップしていきます。

登録型派遣での労使協定方式
派遣先均等・均衡方式における比較対象労働者の選択順序
派遣会社の脱税は増加基調?
労使協定方式における地域指数の考え方
協定対象労働者の賞与・手当で、前年平均額を使用する場合
9月26日セミナー開催。第3回 期限まで6カ月?「同一労働・同一賃金」派遣会社がとるべき対応~実践編
労使協定方式における賞与額の記載パターンは、4つです
労使協定方式での賃金支払方法は、5パターンある
2020年改正派遣法に違反してしまったときの厳しい罰則
労使協定方式における賃金決定パターンは8通り
特定技能に関する職業紹介を行う場合は変更の届出が必要です
派遣元会社における、労使協定の周知ポイント
特定技能1号の派遣はNG。職業紹介はOK
派遣先均衡・均等方式の比較対象労働者
2つの局長通知、どちらを採用すべき?
労使協定方式では、派遣スタッフの退職金も決めないといけないのか?
労使協定方式で派遣スタッフの給与を決める場合の協定フォーマット
労使協定方式の代表者選出の注意点
派遣スタッフ向け評価制度のイメージ
2019年4月からの新しい在留資格『特定技能』では、派遣できない
平成30年労働者派遣法改正の概要<同一労働同一賃金>が公表されました
2019年度からの派遣社員の残業管理
2020年4月より、派遣スタッフの賃金はこうやって決まる?
パブリックコメント~派遣元が講ずべき措置に関する指針の一部を改正する件(案)
(派遣で働く皆様へ)平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法に関するQ&A
出向者を派遣することの是非
同一労働同一賃金ガイドラインのたたき台(派遣労働者に関する部分)
2019年4月からの派遣スタッフの有給休暇
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が公布されました
改正派遣法の施行後、3年経過で気になる2つのポイント
派遣会社は税務署から狙われている?
職務代行者を決めるときに、気をつけておきたいこと
派遣元会社が受給できる、平成30年度のキャリアアップ助成金
平成30年9月29日申請期限までに決算申告が間に合わない場合
2018年4月1日より労働者派遣事業関係業務取扱要領が改定されています
2018年の派遣会社の法定福利費率&セルフチェックリスト
派遣許可申請にあたり、派遣社員の社会保険・雇用保険加入は必須です
行政処分から見る派遣業務の留意点
無期雇用転換申込権が生じる前の育児休業の申出は可能か?
(個人事業者向け)派遣業許可で気をつけたいポイント
2018年1月1日より、労働者派遣事業関係業務取扱要領が改定されています
外国人の不法就労による派遣許可取り消し
職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅢ
職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅡ
職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅠ
派遣先からの要請が増える派遣許可
特定 → 一般派遣業への移行まで、残り1年を切りました。
派遣スタッフの賃金決定方式
29年10月1日より職業紹介の許可更新申請期限が早まります
派遣会社に対する労働局の重点課題

続きを見る

 

社労士法人ザイムパートナーズ

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-8-12 伏見KSビル6階 
TEL:052-212-7443

Copyright © 名古屋の社労士法人ザイムパートナーズ All Rights Reserved.(S)

ページトップ