人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です | TOPへ戻る

お問い合わせ

052-212-7443

Menu

close 閉じる

お問い合わせ
052-212-7443

大人気の派遣業特化記事 おかげさまで月間2万アクセス突破!最新の情報をいち早くお届け

大人気の派遣業特化記事 おかげさまで月間2万アクセス突破!最新の情報をいち早くお届け

2018年1月1日より、労働者派遣事業関係業務取扱要領が改定されています

2018年1月1日より、労働者派遣事業関係業務取扱要領が改定されています

2018.01.06

派遣法改正

2018年早々に改定。今年も派遣会社は対応に追われるか? 2018年(平成30年)1月4日に厚生労働省から、労働者派遣事業関係業務取扱要領の改定について発表されました。 →労働者派遣事業関係業務取扱要領(平成30年1月1日以降) 大きな変更…

外国人の不法就労による派遣許可取り消し

外国人の不法就労による派遣許可取り消し

2017.12.29

派遣会社の違反事例

派遣法では、何をすると許可を取り消されるのかを記載列挙しています。取消されると、当然ですが派遣業務は完全にストップすることになります。ストップすると派遣スタッフは、他の派遣会社へ移ることになるのが常です。収入が完全に途絶えます。 2つの許可…

職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅢ

職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅢ

2017.12.01

派遣事業者 特化記事です

職業紹介

平成30年1月1日以降の職業安定法の改正について、パートⅠ・Ⅱに続き解説いたします。 紹介した求職者への対応に関する留意点 職業紹介により就職した方がの早期に離職することがないよう、次の4点について留意する必要があります。 1.転職勧奨の禁…

職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅡ

職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅡ

2017.11.30

派遣事業者 特化記事です

職業紹介

平成30年1月1日以降の職業安定法の改正について、パートⅠに続き解説いたします。 求職者へ明示する求人条件(何が追加された?) 職業紹介会社は、求職者に対して求人条件を明示する義務があります(職安法第5条の3)。求人条件の明示は「書面の交付…

職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅠ

職業安定法改正に伴う事業者への影響 パートⅠ

2017.11.27

派遣事業者 特化記事です

職業紹介

平成30年1月1日より、職業安定法が改正されます。今回の改正の目的である「職業紹介事業等の機能強化、求人・募集情報の適正化」により、職業紹介事業者は、紹介実績等の情報提供などが義務付けられます。ここでは、ポイントを3つに分け、パートⅠからパ…

派遣先からの要請が増える派遣許可

派遣先からの要請が増える派遣許可

2017.10.28

派遣業の許可・事業報告のポイント

無許可派遣に対する2つのリスク 現在、各労働局で派遣先会社に対して様々な周知を行っています。 平成30年9月29日で(旧)特定労働者派遣事業者は、許可を受けない限りは派遣業を続けることはできません。もし、許可を受けずに派遣業を続けた場合、派…

特定 → 一般派遣業への移行まで、残り1年を切りました。

特定 → 一般派遣業への移行まで、残り1年を切りました。

2017.10.01

派遣事業者 特化記事です

特定派遣業がなくなることは特に改正というわけではありませんし、現時点で特定派遣業をされている会社さんは皆ご存知でしょう。・・・分かってはいるけど、時間はまだあるといえばあるし、何とかなるだろう・・・という方がまだ多いのかもしれません。 特定…

派遣スタッフの賃金決定方式

派遣スタッフの賃金決定方式

2017.09.18

派遣法改正

現状の派遣スタッフの賃金決定のあるべきスタイル この記事を投稿する現在(2017年9月18日)においては、派遣スタッフの賃金を決定するときには、下記の努力・配慮義務が派遣元・派遣先に課されています。 先ず、派遣元においては、下記のように派遣…

人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です

人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です

top page

Pickup記事

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ派遣業特化記事

サイト内検索

社労士法人ザイムパートナーズ

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-8-12 伏見KSビル6階 
TEL:052-212-7443

Copyright © 名古屋の社労士法人ザイムパートナーズ All Rights Reserved.(S)

ページトップ