人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です | TOPへ戻る

お問い合わせ

052-212-7443

Menu

close 閉じる

お問い合わせ
052-212-7443

大人気の派遣業特化記事 おかげさまで月間2万アクセス突破!最新の情報をいち早くお届け

大人気の派遣業特化記事 おかげさまで月間2万アクセス突破!最新の情報をいち早くお届け

派遣会社の社会保険・源泉所得税等の特例猶予の利用について

投稿日: 2020-05-06 |
最終更新日: 2020-05-06 |

派遣会社の労務・助成金

派遣会計・税務

納税の猶予特例が創設されました

「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律」が、令和2年4月30 日に成立したことを受け、「納税の猶予の特例(特例猶予)」が創設されました。

国税・地方税・社会保険料(厚生年金・健康保険)・労働保険料すべての納付で足並みを揃え、クリアしないといけない要件・猶予の申請書式についても様式は、ほぼ同じとなっています。

猶予期間は、会社から特段の申し出がない限り原則1年。その期間は延滞税もかかりません。税理士・社会保険労務士による代理申請も可能です。

令和2年2月1日から令和3年1月 31 日までに納期限が到来するものが対象となります。原則は納期限までに猶予申請書を提出することが求められますが、2月~4月までの法律成立前に納期限が来ているものについても、令和2年6月30日までに猶予申請書を提出すれば、遡って猶予を受けることができます。

クリアしないといけないのは、売上の減少要件です。具体的には「令和2年2月以降の任意の月において、売上が前年同月に比べて概ね 20%以上減少していること」です。概ねですので、ある程度の裁量は認められているようです。一番早い申請(5月)であれば、令和2年2月~4月の各月の売上と平成31年2月~4月の各月の売上で減少率を判定することになります。

下記のような判定をすることになります。

 

平成31年
売上高 2月 3月 4月
1億円 1億円 8千万円
令和2年
売上高 2月 3月 4月
1億円 8千万円 5千万円
各月の減少率 0% 20% 37.5%
特例に該当するか否か 非該当 該当 該当

 

 

派遣会社は、最低でも経費の7割以上は人件費(給与等)である特性があるため、そこにかかる社会保険料・源泉所得税そして消費税の中間納税も他業種と比べて、非常に多くなります。そのため、この猶予特例を受ける資金繰り上のメリットは他業種よりも大きいと思われます。

 

社会保険料の猶予は、他の税金等より効果が大きい

猶予特例が認められているなかで、令和2年6月1日~7月10日までに申告する、いわゆる年度更新の労働保険料の納付期限は7月10日(口座振替の場合は9月7日(月)です。これについては年に一度の臨時的な申告であり、納期限前に申請をすれば猶予は問題ないわけですが、毎月納付する源泉所得税と社会保険料の猶予申請は、毎月行う必要があるのか疑問に思われる方も多いと思います。

社会保険料については事実上、一度申請を提出すれば令和3年1月31日までの納期限分までは継続して猶予されます。毎月猶予の申請をする必要はありません。また、預金からの振替(自動引き落とし)についても停止することができます。また、会社からの特段の指定がない限りは、納期限より1年間納付は自動的に猶予される制度になっています。

申請書の下記のチェックをすることで自動的に猶予され、振替えも停止します。ここが税金や労働保険料との大きな違いとなります。毎月、納付の猶予(特例)許可通知書が、会社に送付され猶予されている状況も掴めます。

 

 

一方で、源泉所得税や消費税などの税金については、税額が確定する都度、申請を出すことが求められています。納税の猶予制度FAQにも下記の説明があります。ただ、原則は都度としながらも、下記但し書きのとおり、柔軟な対応ができるように配慮はされているようです。

 

問 39
中間申告分や源泉所得税の納期限が毎月到来する場合でも、特例猶予を受けるためには、その都度申請が必要か?(答)
○ 特例猶予の適用に当たっては、納付すべき税額が確定しており、納期限の時点でお手元の資金状況からみて一時の納付が困難であることを確認する必要がありますので、お手数ですが、納期限ごとに猶予を申請していただくこととなります。○ ただし、納期限までに特例猶予の申請をすることができなかった場合でも、やむを得ない理由(例えば、資金繰りの手続等のため猶予申請の時間を確保できなかった等)あると認められるときは、納期限後でも申請できます。そのような事情がある場合は、例えば、2~3か月分の源泉所得税等の特例猶予をまとめて申請いただくことが可能であるので、税務署(徴収担当)にご事情をお申し出ください。

 

なお、中間納税については、猶予期限は1年ではなく。確定申告の提出期限(通常の法人の場合は、決算日から2か月以内)となりますのでご注意ください。中間納税の猶予については、猶予そのものより仮決算による中間申告をすることで中間納税額そのものを少なくする方が良いと思われます。

 

納付猶予特例の具体的な申請書類等はこちらです

 

①厚生年金保険料等の納付猶予の特例について
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2020/20200501.files/02.pdf
②労働保険料等の納付猶予制度について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10647.html
③国税の猶予制度の特例について
https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan.htm
④地方税の徴収猶予における対応について
https://www.eltax.lta.go.jp/news/01689
また、どれか一つの特例猶予を申請することで、他の特例猶予の書類作成において部分的に割愛もできます。例えば国税で特例猶予申請を提出していれば、社会保険の猶予申請時の書類に同じ内容(具体的には収入の減少状況を含む、猶予額の計算欄)を記載する必要はありません。「別紙国税の申請書のとおり」等と記載することで、記載と添付資料の重複は不要となります。このあたりも使い勝手が良い制度といえます。

ザイムパートナーズより おすすめ PickUP 記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です

人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士法人です

top page

Pickup記事

人気記事ランキング

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ派遣業特化記事

サイト内検索

社労士法人ザイムパートナーズ

社会保険労務士法人ザイムパートナーズ

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-8-12 伏見KSビル6階 
TEL:052-212-7443

Copyright © 名古屋の社労士法人ザイムパートナーズ All Rights Reserved.(S)

ページトップ