人材派遣会社に強い、名古屋の社会保険労務士・税理士事務所です

派遣業 特化記事

  • HOME »
  • 派遣業 特化記事

派遣業・有料職業紹介業に強い社会保険労務士事務所です。

ザイムパートナーズは、派遣業・有料職業紹介業といった『ヒトで困っている会社をサポートする会社』と一緒に成長していく社会保険労務士事務所です。ここでは、派遣業・有料職業紹介業に特化した記事を
アップしていきます。

派遣会社に対する労働局の重点課題
派遣会社は、就業規則を見直す時期です(無期転換ルールへの対応)
平成29年5月30日より派遣労働者業務取扱要領が改正されました。
平成29年5月30日(予定)より職業紹介許可基準が変わります
キャリアアップに資する教育訓練時の交通費
社会保険の適正加入をしていないことによる事業停止命令
2017年4月以後の派遣会社の法定福利費率(愛知県version)
頭を悩ませる教育訓練(キャリアアップ措置)について~その2
頭を悩ませる教育訓練(キャリアアップ措置)について
派遣スタッフと2017年からの育児介護休業法の適用について
派遣労働者業務取扱要領が改正されました。(平成28年11月2日以降)
60歳以上派遣スタッフ採用のメリットと、使える助成金?
eラーニングで教育訓練を行う場合の注意点
派遣会社の決算月を決めるときは、基準資産が増えやすい月がベスト
抵触日通知は、派遣契約更新時も必要です
派遣先通知書の年齢の意味
派遣会社とM&A~その1
派遣会社が押さえておくべき、ケース別キャリアアップ助成金
28年9月30日より、新規に派遣業許可を取るには、絶対に現預金1500万円と基準資産2000万円が必要になります
意外と分かっていない日雇い派遣のルール Part2
6月30日期限の派遣事業報告書について
意外と分かっていない日雇い派遣のルール
代表取締役が兼務できるパターン(派遣元責任者 職務代行者 キャリアコンサルティングの担当者)
改正労働者派遣法に関するQ&A[第3集]が公表されました
有期雇用契約と社会保険加入の注意するポイントとは?
名古屋で派遣会社を作るなら、知っておきたい補助金
【派遣許可申請】定款の目的に「建設業」の記載がある場合
改正労働者派遣法に関するQ&A[第2集]
2016年4月以後の派遣会社の法定福利費率(愛知県version)
派遣スタッフを雇用契約期間満了前に解雇すると・・・
紛争防止措置における有料職業紹介の手数料
4年目以降のキャリアアップに資する教育訓練
基準資産額をマイナスする繰延資産の中身はチェックしましょう
これから、基準資産1,000万円の派遣会社を設立するときの資本金の決め方
旧法の抵触日が適用される場合の注意点
平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法に関するQ&A
組織単位(個人単位)の抵触日の注意点
従業員が101人以上の会社は障害者雇用納付金の申告が始まります
事業報告書に記載する教育訓練3種類
許可基準の1つである安全衛生教育の実施とは?
景気下降局面での、許可申請を検討している事業者の注意点
派遣契約書に記載する「紛争防止措置」について
改正派遣法対応 書式例が公表されました
「労働契約申込み義務」と「労働契約申し込み みなし制度」
派遣法改正により就業規則に盛り込むべき規定とは?
派遣スタッフが社会保険・雇用保険未加入の場合の派遣先のリスク
不法就労の場合の派遣先のリスク
派遣会社のストレスチェック
小さな会社が最低限やっておくべき「安全管理措置」
派遣法の「事業所」「組織単位」の考え方

続きを見る

 

名古屋で派遣会社を作るならザイムパートナーズ TEL 052-223-1645 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
メールフォームでのご相談は24時間対応

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.